TAG

Defending

グラナダの課題(対アトレティコ)①

  そもそも現代のサッカーは試合ごとに戦術を変える、程度ではなく状況に応じて試合開始わずか10分程度でもフォーメーションをいじったりします。 これはクラブだけでなく代表でもそうだということが今年のEUROでも確認できました。 グラナダは変わり身に潔さがあり、分かりやすさがあり、いい意味でB […]

ビジャレアルの4-4-2、のようなもの(対エイバル)②

  押し込まれてからの守備の遂行力にいくつか課題を抱えています。 が、攻から守への切り替え時の献身さ同様、守から攻へのトランジションでも真面目さが見てとれます。 ゴールのシーンは退場者が出た後の試合時間残り僅か、87分の出来事です。 見習いたいものです。 ※動画中に使用される単語は以下のと […]

ビジャレアルの4-4-2、のようなもの(対エイバル)①

  最後の崩しの部分に関しては個の質の高さを存分に活用しているので、個人スキルがそれほど成熟していないアマチュアクラブが模倣するのには向いていないかもしれません。 一方、最初の持ち出しの部分に関してはミスマッチアップを生み出そうとしている監督の努力がうかがえます。 参考になります。 ※動画 […]

バレンシアに学ぶ4-4-2 (対ビジャレアル)②

  バレンシア、後編です。 守から攻への切り替え時のロングカウンターや攻撃時のロングボールの扱いに対する訓練がされているのにもかかわらず、高い位置から積極的に守備を開始します。 ボールを持ったときのショートパス、ロングパスのとき同様バランスの取れた、育成世代に真似させたいチームです。 &n […]

バレンシアに学ぶ4-4-2 (対ビジャレアル)①

  バレンシアのプレーです。 世界中のどのチームでも抱える悩みの一つに「取捨選択」があります。 練習からショートパスを主体とするプレーを追求するあまりロングボールの質がおろそかになる、さらにはロングボールに対する守備も苦手になる、といった類の悩みです。 バレンシアはロングボールがプレーの全 […]

プロに学ぶ4-3-3(ソシエダ対レバンテ)②

  ソシエダ対レバンテ、後編です。 前スライドを迎撃型、横スライドを追撃型、と私は評価していますが、ソシエダは迎撃型です。 そしてこの手のチームはプレッシングフットボールにおいて勢いを持ちやすく、奪った後の展開も速くなることがよくあります。 観ていて面白いチームです。 ※動画中に使用される […]

プロに学ぶ4-3-3(ソシエダ対レバンテ)①

  ソシエダ対レバンテの一戦です。 アタッキングサードでのプレー選択には自信と遂行力に大きく左右されるところがありますが、それはビルドアップ時における、相手のユニット間に送る浮き球にも同じことが言えます。 対戦相手とのレベル差にもよりますが、これを標準フォーマットとして取り組むことを好まな […]

スローイン

    今回は私が実際に現場で使用したピッチ図を披露します。   この一年ほど私は日本の高校サッカー部にお世話になっていますが、無観客の試合が続く中でもスカウティングに関してはどの会場も寛容的で、リーグ戦では比較的簡単に対戦相手のデータを映像に収めることができます。 ( […]

アラベスのプレー(対オサスーナ)②

  アラベス、後編です。 動画中に使用される単語は以下のとおりです。 FW…フォワード WM…ワイドミッドフィールダー(サイドハーフ) CM…センターミッドフィールダー(センターハーフ) FB…フルバック(サイドバック) CB…センターバック DF…ディフェンダー AM…アタッキングミッド […]

グラナダのプレー

  今回は趣向を変えて、少しマニアックな試合の解説や監督の思惑の推測をしてみたいと思います。 少し前の試合になりますが対象はグラナダです。       この試合に限らずグラナダは負けている試合でよく大味な采配を振ります。 実にマンガ的というかチャンバラ的という […]