CATEGORY

ピッチ内

マラガの問題(対ポンフェラディーナ)②

  この数試合後に監督が代わりスタジアム全体に活気が出てきたものの、アタッキングサードでのリンクアップに関しては引き継いでしまった課題です。 来期への宿題です。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW/DEL…フォワード CF…センターフォワード WG/EXT… […]

マラガの問題(対ポンフェラディーナ)①

  ラ・リーガ・エスパニョーラ2部の試合です。我がホーム、マラガ、現場でも確認した試合です。 少し趣向を変えて、ここから4回分基本的には改善点のみを上げていきたいと思います。 今回は個の弱点を隠せていないビルドアップについてです。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです […]

監督、シャビアロンソのゲーム⑦

  個人の課題と長所、それとセットプレーをまとめたものです。 コーナーの数は異常に多かったのですが、そこからの得点は0。 可能性を感じるプレーが多かった分、突き詰めたいところでしょうか。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW/DEL…フォワード CF…センター […]

監督、シャビアロンソのゲーム⑥

  ソシエダと言えばゴール前での美しい崩しがシンボルですが、もう一つ忘れてはならないのがカウンターの魅力です。これはBチームにも当てはまります。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW/DEL…フォワード CF…センターフォワード WG/EXT…ウィンガー MF […]

監督、シャビアロンソのゲーム⑤

  挿し込まれてからの守備連動、あるいはそれ以前の役割理解が良くないのか、特にCBがシェイプを乱すことところが散見されました。 ソシエダの魅力はそこじゃない、そもそも守備なんかに期待していない、と言われればそれまでですが。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW […]

監督、シャビアロンソのゲーム④

  ソシエダの守備、王道よりやや好戦的、と表現するのがいいでしょうか。 多くのシーンでは(特にWMが)通常より高い位置を取っていました。 ただ、深い位置での守備に関しては考えさせられるところあり。そちらは次回で。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW/DEL… […]

監督、シャビアロンソのゲーム③

  前回のファイナルサードでのスキルレベルのことだけでなく、ボール支配で圧倒しプレッシングフットボールもおおよそ功を奏しているのに、数少ないセットプレーやカウンターから失点をする、というのはポゼッションに重きを置くチームにとってはあるあるです。 が、要所での走り出しが遅れているところを見る […]

監督、シャビアロンソのゲーム②

  ミスが頻繁に見られることからもわかるように個々のスキルレベルはやはり低い、がしかし攻撃の種類に関しては豊富。これはおそらく監督の、ではなくクラブの哲学。 と手放しに誉めたいところですが、攻撃のバライエティに関してAチームと異なるのは、相手の守備ブロックにボールを入れた後のリンクアッププ […]

監督、シャビアロンソのゲーム①

  今シーズンのリーガ・セグンダ(2部)のソシエダBの試合です。 数多のクラブの中でもBチームが2部にいるという稀有な存在ですが、当然のこと、現役時代の監督ほど魅力ある選手はいません。そこがBチームたるゆえんです。 とはいえ、端々に監督の哲学が見られます。   ※動画中に使用され […]

ベティスの課題②

  このシーズン(2020-21)の分析はこれで最後になります。 「場所をまぶしながらボールが動いている間に人をつかまえる」守備戦術の採択には個対個の戦いで相手に勝る守備力が必須、ということを再確認できます。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW…フォワード […]

ベティスの課題①

  前回の記事で“完成度”と言っておきながら今回は“課題”です。 このシーズン最も好きなチームの2つが対戦する試合です。 対象はベティスですが、相手のレベルが上がればほんのちょっとのサボりが命取りになる、ということがよく分かります。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりで […]

ベティスの完成度②

  前回、ハイラインでオフサイドを取ったシーンがありましたが、この手のチームは個の身体能力に優れていることを条件として守備戦術を設定します。 それを証拠に今回、ゲートにボールを通されたり最終ラインを突破されたりされかけたりする、がしかし事なきを得る、というシーンが見られます。 とはいえこの […]