TAG

サッカー観戦

GK、DFからのプレー 【対象: デンマーク3-4-3 (対3-4-3ベルギー)】③

  中央の狭いところで受けてターンができる、ということはある一定以上のスキルレベルを要求されるということです。 つまり全てのチーム、コーチにとって参考になるわけではありません。 一方、DFの持ち出しに関しては、その次の動線が用意されていればそれほど難しいプレーではありません。  

GK、DFからのプレー 【対象: デンマーク3-4-3 (対3-4-3ベルギー)】①

  ここからいくつか後方からのプレーに関して実例を用いて説明したいと思いますが、忘れてはならないのがシステムなどの大まかな輪郭を映像などの資料から捉えてそれを自チームの戦術練習に還元するなら、その練習自体で個人スキルをも上げるように促したいということです。 これは再三、このサイト内や拙著で […]

退場者が出たときの戦術②

  失点シーンのプレーに関しては「練習して対処が上手くなる」というよりは、その練習で何度も反復して相手の狙いに対処する「意識が強くなる」ということを目的としたものになるのが、実際のところでしょうか。 毎週の練習のほぼ全てにその要素はありますが、特にこの種類の守備は一定のレベルまで到達すると […]

退場者が出たときの戦術①

  この試合を現場で観ていて、実は私は、後半は3-4-2に変えてくるだろうと予測していました。 結果は4-3-2。 この監督の肩を持つわけではありませんが、そこから2失点したのは結果論で、このような訓練されていないチームをハーフタイムのみで修正するには、むしろ約束事の少なくなる4-3-2の […]

新監督の好意的なゲーム②

  前監督時代から引き継いでしまった負の遺産が、個のスキルは別として大きく2つあります。 一つはエリア内での、主に横からの攻撃に対するMFの守備のインテンシティ。 もう一つはアタッキングサードでの突破のアイディアの無さです。 そのうち一つは次のホームゲームから多少改善されます。   […]

新監督の好意的なゲーム①

  勝っているときでもきちんと危機感を持てる優秀な監督だということが、第一試合目でわかりました。 好戦的、ではありますが、かつてのグラナダのように好戦的すぎる、ということはありません。 エンターテインメントと実利のバランスが良く、観ていて楽しい試合でした。   ※動画中に使用され […]

監督交代直前のマラガ(対ウエスカ)②

  ペネトレーション(突破)において第3の動きが無いのは毎度のことですが、味方の長所を殺してしまうポジショニングなどを見ても、脳の癖付けになるタイプの練習が少ないのではないかと伺えます。 ビルドアップ阻止に関しても同じミスが何度か繰り返されましたが、これもチームとして成立していないことを表 […]

監督交代直前のマラガ(対ウエスカ)①

  一つの動き、一つのパスが全てブツ切りというか単発的というか、それのせいで後手にまわっている感が否めません。 “チーム”という一つの生き物になっていないということです。 学べることがたくさんあります。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW/DEL…フォワード […]

マラガの問題(対ポンフェラディーナ)④

  動画では成功例もいくつか挙げているので攻撃のバリエーションが豊富なチームのように捉えられかねないですが、実際の分母からしたら大したことはなく、現場で観ててもイライラの方が多いものでした。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW/DEL…フォワード CF…セン […]