TAG

ポジティブトランジション

監督、シャビアロンソのゲーム⑥

  ソシエダと言えばゴール前での美しい崩しがシンボルですが、もう一つ忘れてはならないのがカウンターの魅力です。これはBチームにも当てはまります。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW/DEL…フォワード CF…センターフォワード WG/EXT…ウィンガー MF […]

ベティスの課題②

  このシーズン(2020-21)の分析はこれで最後になります。 「場所をまぶしながらボールが動いている間に人をつかまえる」守備戦術の採択には個対個の戦いで相手に勝る守備力が必須、ということを再確認できます。   ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW…フォワード […]

ベティスの完成度②

  前回、ハイラインでオフサイドを取ったシーンがありましたが、この手のチームは個の身体能力に優れていることを条件として守備戦術を設定します。 それを証拠に今回、ゲートにボールを通されたり最終ラインを突破されたりされかけたりする、がしかし事なきを得る、というシーンが見られます。 とはいえこの […]

バレンシア、守備の課題とポジティブトランジションの可能性

  基本に忠実でバランスの取れたバレンシアですが、あえてポジティブな特徴を挙げるなら、切り替え時などで相手の守備が一列しか準備できていないとき狭いところを突こうとする志を感じます。 基本に忠実=昔ながらのサッカー、ではないということが確認できます。   ※動画中に使用されうる単語 […]

ヘタフェ、アトレティコとの戦い

  ヘタフェの分析、二試合目です。(この動画のみ) リーグ首位を走っているチームが相手でも下位チーム相手のときと何も変わりません。 結果論かもしれませんが監督の課題はいくつか見えます。 が、このシーズンのチームを残留に導き、自身は強豪チームへと出世する監督でもあります。 サッカーとは面白い […]

ビジャレアルの4-4-2、のようなもの(対エイバル)②

  押し込まれてからの守備の遂行力にいくつか課題を抱えています。 が、攻から守への切り替え時の献身さ同様、守から攻へのトランジションでも真面目さが見てとれます。 ゴールのシーンは退場者が出た後の試合時間残り僅か、87分の出来事です。 見習いたいものです。 ※動画中に使用される単語は以下のと […]