CATEGORY

ピッチ外

目標達成のツール① ‐書く理由‐ (全9回)

    私は自己管理マニアです。自律性、効率性マニアと言ってもいいかもしれません。 全ての人にとって平等な通貨といわれている「時間」の管理はもちろん、その時間当たりの効率を上げるための体調管理(主に睡眠、食事、運動の管理)もしています。 こう聞くと超ストイックで目標達成にがむしゃ […]

戦術練習に特化した注意事項

    1.両方のチームを同時に見ない。 ゲーム分析に関しても同じことが言えるのですが、世界中どこを探しても、複数のチームを同時に正しく観察できる指導者はいません。プロクラブや代表チームの監督ですら不可能と言われています。 必ずフォーカスするチームを決めて、テーマに沿った指導を心 […]

戦術の位置づけ

    戦術というものは、指導チームやクラブ全体を健全に成長させる手段のほんの小さな一カテゴリーにすぎません。 他の記事を読んでいただいている方はご存じかと思いますが、組織の健全な構築や再建には様々なアプローチが必要になります。 指導を生業にしている皆様には釈迦に説法ですが、指導 […]

主婦の会話に学ぶ

    スポーツ指導者という職業柄、現場でのコーチング、スタッフ同士のミーティング以外の時間、詳細に言えばサッカーノート等を使った準備や振り返り、分析や勉強の時間のほとんどを私は一人で過ごすことになります。 そして一人仕事の多くの割合を、元来それほど意志が強くない私は、カフェやフ […]

誇りと安心

    あくまで「自分の周り」レベルの話ではありますが、私が初めて日本の高校の部活動に関わった2012年から比べて、日本の高校サッカー界の指導者の能力はさらに向上してきたように感じます。 メディアが「教育現場の労働環境の悪質さ」を糾弾してくれているおかげで、学校の教員にもスポーツ […]

流れの正体

    指導の現場において、私の場合あえて抽象度をマックスまで上げて「根性」や「気合」という言葉を使うこともありますが、その裏で実は全ての言葉に対して定義化をしています。 さらに言えばそれら「根性」、「気合」、「気持ち」、「ガッツ」、「ファイティングスピリット」、「Battlin […]

心技体と習慣

    スポーツ指導に限らない話ではありますが、目標達成のための必要なアプローチに有名な3つの観点があります。 心・技・体と呼ばれるものです。 そしてこれら3つの土台に「習慣」というものがあると私は考えます。 と、その前に、目標を達成するためにまずはハードそのものを良くすること、 […]

指導現場の構造

    私は以前、サラリーマンをしていました。 経営の上手さを評価されて経済誌に載るような、とある会社の経常利益の7割を稼ぐ屋台骨である主要部署の本部長という役職をもらっていました。 そこでの私の主な役割はキッズ世代のサッカースクールを作り、それらのスクールを受け持つ指導者達を雇 […]

指導者の特徴

    2009年から2012年までの約3年間、私はロンドンでセミプロクラブのユース世代を教えるかたわら、ジュニア世代を週一のボランティアで指導し、またFA(イングランドサッカー協会)が提供するいくつかの指導者資格の長期コースに参加しました。 そのうちの一つ、UEFA Bのコース […]

はじめに

    はじめまして。 本サイトに訪問いただきありがとうございます。 今回は本サイトの目的だけ伝えて終わりたいと思います。 サイト立ち上げの動機です。 このサイトでは私がその時点で知り得ている「良いチームデベロップメント」の方法論を可能な限りお伝えしたいと思っています。これにはゲ […]